エア・ロボ

エア・ロボとは

エア・ロボとは、電力会社と高圧電力契約(50kw以上のご契約)されている大型商業施設様や病院、工場様など向けに、空調機のデマンド監視・制御をAIが自動で行い、省エネ・電気代のコスト削減をご提案する自動デマンド制御システムです。
デマンド予測を的確に行い、デマンド値(最大需要電力)を計測監視設定された目標値に向けて、空調を自動でコントロールし、電気基本料(最大デマンド値)を削減することが可能となります。

契約電力とデマンド値の図

デマンド料金のしくみ

電気料金は基本料金(契約電力の大きさで変動)+使用料金(使用した電力量で変動)で決められております。 基本料金=契約電力料金が決められるのは、過去1年間に記録した使用電力の最大値(デマンド値)が、その後1年間の契約電力になります。一時的に上がってしまったデマンド値は一年間を通して高くなってしまうため、このデマンド値をコントロールし、電気料金を抑えます。

エア・ロボの特徴

1.指揮者の様にエアコン制御を自在に操ります。
2.細かな分かりにくい設定は、不要です。
3.すべてが全自動!人の代わりに機器が行います。
4.今の環境を判断して司令を与えます。
5.各メーカー室外機の純正デマンドアダプターを使用するため、既存の室外機を痛めません。

エア・ロボは、デマンド目標値に入力するだけで、屋外と屋内の温湿度センサーで五感の要素を基に、プログラムが自動的に正確な予測を立てながら制御いたします。現在の使用電力量を逐次測定・記録し、季節(カレンダー機能)と時間帯で突発的な環境も検知。1分間隔でデマンド監視を行い、予測デマンド値が、設定された警報発生値を超えると、自動で空調を段階的にセーブ運転させます。さらに、ユニット間は無線で高速に複雑な制御データを送受信。機器同士の通信は、無線で行うため省配線で工事期間も少なく済むのが特徴です。
また、デマンドアダプターには、各種メーカーに合わせた信号リレー接点で閉じる仕様があり、それに完全に合わせ込むため、室外機を痛めません。また、リモコン設定に依存もせず、人為的ミスを防ぐことが可能となります。

エア・ロボ設置の導入事例

設計会社 U社 様

下の表は横にスクロールして御覧ください。

導入前
契約数値
導入後
契約数値
削減数値 お客様の削減分
月間利益

(レンタル代 差引)
122kw 74kw 48kw削減 86,000円程度

導入ステップ

システムのご説明→設備調査→提案書提出→システム製作→設置工事→電力会社に申請→ご契約

まずはシステムのご説明、エアコン型番と台数や電源調査といった設備調査を行います。調査後の具体的な削減量と金額をご提案させていただきます。
正式に導入のご依頼をいただいてから、システム製作、導入日程の打ち合わせ、設置工事(2〜4日程度)を経て、電力会社に申請を行った後、システムの稼働を行い、削減効果をご報告させていただいた後、ご納得いただいた上で本契約となります。

レンタル契約について

実質0円 初期投資なしで、削減金額の中から等配分!調査、開発、制作、工事、メンテナンスはすべて自社対応いたします。

レンタル契約のご検討、システムの詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら